[PR]

 3月25日に始まる東京オリンピック(五輪)の聖火リレーについて、大会組織委員会や政府が、新型コロナウイルスの感染が収まっていない地域では、沿道での観覧自粛を求める方向で調整していることが2日、大会関係者への取材で分かった。今後の感染状況をふまえて最終判断し、テレビ中継などでリレーを見てもらうよう求めるという。

 また、3月25日に福島県のJヴィレッジ(楢葉町、広野町)で開かれる出発式では、入場を関係者や招待客に制限し、一般客の入場を取りやめる方向で調整している。来場者を絞り、規模を縮小するという。

 大会関係者によると、沿道の密集を防ぐため、聖火リレー開始後も当面の間、観覧自粛を求める方向で調整。緊急事態宣言が自治体に出ている場合は、公道のリレーは中止し、その日の終わりに行われる聖火到着式典のみ行う予定だ。最終的にどのような形で実施するかは、組織委と各都道府県の実行委員会が実施30日前と2週間前に感染状況をふまえて判断していく。