[PR]

 シンガー・ソングライターの岡村孝子さん(59)は、2年前の春、血液のがん・急性骨髄性白血病と診断されました。病名を公表して臨んだ入院治療。公表した思いや、伝えたことで得られたサポートについて、語ってもらいました。

 2019年4月、定期健診をきっかけに急性骨髄性白血病が分かりました。抗がん剤治療、臍帯血(さいたいけつ)移植を経て、いまは寛解状態です。

 疲れやすいな。肩が凝るな。不調はいくつかありましたが、年のせいかなと考えていました。白血病についてほとんど知識はありませんでした。告知を受けた翌々日に入院することになりました。

 病名と長期の治療に入ることは、入院の数日後に公式ホームページでスタッフに発表してもらいました。6年ぶりのアルバムの発売を翌月に控え、プロモーションのラジオ出演やコンサートツアーも決まっていました。目の前の仕事をどうしたらいいのか。たくさんの方にご迷惑をかけるので、病名もきちんと説明したほうがいいと考え、公表しました。

 応援してくださる皆さんに私か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら