「帆船乗りの墓場」を越えて 世界一周、ラストスパート

有料会員記事

吉永岳央
【動画】海洋冒険家の白石康次郎さん 世界一周ヨットレースで南極海を突破=DMG MORI SAILING TEAM提供
[PR]

 吹きつける強風で波頭が白く泡立ち、一年中、荒れる南極海。南米最南端のホーン岬は大航海時代から海の猛者をのみ込み、「帆船乗りの墓場」と恐れられてきた。そんな難所をついに突破し、針路を北東へ――。「世界で最も過酷」と呼ばれるヨットレースに挑んでいるのは53歳の海洋冒険家白石康次郎だ。

 どこにも立ち寄らず、4万5千キロを走り、地球を一周する。単独無寄港・無補給のヨットレース「ヴァンデ・グローブ」に挑戦中の1月20日、大西洋上から、衛星電話による朝日新聞の取材に応じた。

 フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌを出発したのは、昨年11月8日。針路を東にとってアフリカ大陸を回り込み、南極海に突入したのは約1カ月後のことだった。

 南極海は南緯が上がるに従って、「ほえる40度」「叫ぶ50度」といった不気味な異名を取る。なかでも、南米最南端のホーン岬は難所だ。

 白石が解説する。「さえぎる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら