「新阿蘇大橋」が3月7日に開通へ 熊本地震で崩落

[PR]

 2016年の熊本地震で崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)に代わり、新たに建設が進んでいた新阿蘇大橋(仮称)について、国土交通省は2日、3月7日に開通すると発表した。地震で寸断された国道と県道が、すべて開通することになる。

 全長約206メートルの旧阿蘇大橋は、16年4月16日未明の熊本地震の本震で崩れた。新しい橋はもとの橋の約600メートル南側に建設され、全長は525メートル。橋脚の最大の高さは97メートルになる。

 阿蘇地方では、昨年10月に、南阿蘇村で斜面が崩れて一部不通となっていた国道57号と、その代替として整備された新ルート(阿蘇市大津町の約13キロ)が開通している。