がん専門病院にもコロナ病棟、両立めざす2院長の思いは

有料会員記事

月舘彩子、辻外記子 編集委員・辻外記子
[PR]

 新型コロナウイルス感染症の流行を受け、がんを専門とする特定機能病院でも、コロナ患者の受け入れに取り組んでいる。昨春から200人以上の患者が入院した国立がん研究センター中央病院の島田和明院長と、昨年末に専用病棟を新設したがん研有明病院の佐野武院長に、思いや現状を聞いた。(月舘彩子、辻外記子

写真・図版
がん研有明病院の新型コロナ患者向けの病室=東京都江東区、病院提供

■発熱患者、プレハブで

 昨年4月、東京都からの要請を受け、1病棟を新型コロナウイルス感染症専用にし、25床の病床を設けました。

 23床を中等症用に、その入院患者の重症化に備えて2床を重症用としています。これまで延べ2千人以上の患者を受け入れています。

 5月下旬~7月下旬まで、いったん新型コロナ病床を閉じましたが、7月27日に再び開設しました。

 波はありますが、1月中旬以降満床状態が続いています。

 呼吸器内科の医師が中心となり、医師6人、看護師20~40人、薬剤師1人のチームを組んで対応しています。1カ月でチームは交代します。

 4月は院内感染対策として2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。