[PR]

 コムデギャルソンとジュンヤ・ワタナベはこのほど東京都内で、2021年秋冬メンズコレクションをミニショー形式で発表した。

 コムデギャルソンは、「ダークルーム」がテーマ。ショーの冒頭、暗い照明の中で、真っ白なテーラードジャケットとハーフパンツのスーツが浮かび上がる。モデルの頭には、米国の現代アーティスト、ウィリー・コールが制作したハイヒールのパンプスを使ったオブジェ。足元にも女性靴の定番のようなストラップシューズをはいている。

 銀糸を織り込んで控えめに輝くコートや、すそ広がりの前身頃がひらりと揺れるジャケット。Aラインのドレス風など性差を超越したようなデザインが多い。デザイナーの川久保玲は「私たちは今、闇に包まれたこの世界で、新しいものを見つけ出さなければなりません。しかし、例えば、暗室の中で像を結ぶ写真のように、創造や発展、進歩も暗闇の中から生まれることができるのです」とコメントした。

 渡辺淳弥によるジュンヤ・ワタナベは、雪柄などを編み込んだノルディック柄のニットやキルティング素材を、スタンダードな紳士服とドッキングした。背や肩、身頃にニットがはめ込まれたシンプルなテーラードジャケットなど、どこか懐かしくほっとするような作品を並べた。(編集委員・高橋牧子)