楽天コーチが「田中と似ている」 ルーキー早川のすごさ

有料会員記事

室田賢
[PR]

 楽天のドラフト1位左腕早川隆久(早大)が沖縄キャンプ2日目となる2日、初めてブルペン入りした。ドラフト会議で4球団が競合した最速155キロを誇る本格派。周囲がうなった、新人離れした姿とは。

 この日は捕手を座らせ、直球のみで37球。テンポ良く、捕手・下妻貴寛のミットめがけて投げた。「制球力よりも気持ちよく淡々と投げる」ことを意識したという。

 球を受けた下妻が「両サイドの投げ分けができて、ボールに力があった」と言えば、小山投手コーチも「全く体の軸がぶれなくて、ボールのばらつきもなかった」。現役時代に日米通算182勝を挙げた石井監督は「バランスもよくて、リリースポイントも安定している」と話すなど絶賛の言葉が並んだ。

 左腕のすごさは、球の力だけにとどまらなかった。

 早川は投球練習の途中で、走…

この記事は有料会員記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら