第5回「ムー」編集長、Qアノンどうみる「リテラシー持って」

有料会員記事

聞き手・山本悠理
写真・図版
陰謀論 溶けゆくファクト⑤ グラフィック・米沢章憲
[PR]

 「アメリカを『ディープステート』(影の政府)が支配している」「反トランプ勢力は児童売春を繰り広げている」……。昨年の米大統領選をめぐり、こうした主張を展開する陰謀論集団「Qアノン」が注目を集めた。日本でも賛同するコミュニティーが生まれるなど、徐々にその勢力を増しているように思える。40年以上にわたり、超能力や超常現象など「世界の謎と不思議」を扱ってきた月刊誌「ムー」の5代目編集長・三上丈晴さんに、陰謀論をめぐる日本の現状をどうみるかを聞いた。

 ――日本ではこれまで「陰謀論」がどのように受容されてきたのでしょうか。

日米で広がる「陰謀論」の背景を追うシリーズです。

 国内で一般の人が「陰謀論」…

この記事は有料会員記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら