ユーロ圏のGDP、6.8%減 2度のロックダウンが影

新型コロナウイルス

ロンドン=和気真也
[PR]

 欧州連合(EU)統計局が2日発表したユーロ圏19カ国の2020年の実質域内総生産(GDP、速報値)は、前年比6・8%減で、1995年に現行の統計を始めて以来、最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルス対策で各国が度重なるロックダウン都市封鎖)に踏み切ったことが響いており、主要経済圏の中でも景気の悪化ぶりが際立っている。

 通年のGDPをすでに発表した国では、経済規模で域内最大のドイツが5・0%減。犠牲者数が多いスペインが11・0%減となったほか、欧州では英国も2ケタのマイナス成長が見込まれる。

 同日発表されたユーロ圏の20年10~12月期のGDPは、前期比0・7%減、年率換算で同2・8%減だった。7~9月期にプラス成長に回復したが、再びマイナス成長に転じた。10~12月期は米国や中国はプラス成長を維持しており、欧州は回復が遅れている。

 ユーロ圏は昨年、春と秋以降の2度の感染の波に揺れた。昨春の感染拡大時に各国が厳しいロックダウンで対処。いったん感染が減った夏場、経済の再活性化のため飲食や観光業を後押しした。だが、その反動で秋に第2波が襲来。ドイツフランスイタリアなど主要国は年末までに再びロックダウンに追い込まれ、経済も再び沈んだ。

 英国からの変異株の猛威もあり、第2波はまだ収まっておらず、外出などの制限は年明けも続いている。EUは共同のワクチン調達に手間取っており、市場は景気が回復するのは4~6月期からとみている。(ロンドン=和気真也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]