緊急事態宣言、3月7日まで延長 首相「はっきり効果」

新型コロナウイルス

[PR]

 菅義偉首相は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い7日を期限に11都府県に出している緊急事態宣言について、栃木県を除く10都府県で延長すると表明した。新たな期限は3月7日。一方で、感染拡大などの状況が改善すれば、前倒しで宣言を解除する方針だ。

 首相は2日の政府対策本部で「新規感染者数は減少傾向にあり、飲食店の時間短縮を中心とする今回の対策がはっきり効果を上げていると考えられる。今後もこの減少傾向を継続させ、入院者数、重症者数を減少させる必要がある」と強調。「引き続き各自治体と一体となって病床の確保に全力を挙げる」と述べた。

 宣言を延長するのは、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏4都県、大阪・京都・兵庫の関西3府県、愛知・岐阜の東海2県、福岡県の計10都府県。栃木県は2月7日に解除する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]