新監督の特徴は? プロ野球、春季キャンプの現場から

有料会員記事

室田賢、井上翔太、岡田健
写真・図版
今季からチームを新たに率いる楽天の石井監督(左)とDeNAの三浦監督
[PR]

 球春の到来は、新たな挑戦の始まりを告げる。プロ野球の今季の新監督は3人。リーグ制覇と日本一を目標に、それぞれの哲学を持ってチームづくりに励む。

原点は大リーグ時代

 GM職を兼ねるのは楽天の石井一久監督。昨季はリーグ4位に終わり、巻き返しを図るために自ら指揮を執ることになった。

 「新たに(監督に)来てもらうより、すんなりとチームのプランを出せる」。今年こそ結果が求められるが、「いろんなところでプレッシャーを背負ってきたので、あまり重圧は感じない」と語る。

写真・図版
春季キャンプで鈴木大(左)に話しかける楽天の石井監督=加藤諒撮影

 キャンプでは、積極的に選手とコミュニケーションを図っている。自身が大リーグに挑戦したころ、結果が出なかった時に当時のGMから「焦らなくていい。パワーを送ろう」とハグされた。「自分を見てくれている」ということが心の支えになったという。

 約20年後、自身は監督にな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。