高浜1、2号機再稼働同意 高浜町長が知事に報告

佐藤孝之
[PR]

 運転開始から40年を超える老朽原発関西電力高浜1、2号機(福井県高浜町)の再稼働について、1日に同意を表明した野瀬豊・高浜町長は2日、県庁を訪れ、杉本達治知事に同意の理由などを報告した。杉本知事は「立地町としてのお考えとして受け止めさせて頂く」と述べるにとどめ、今後の自身の判断などについては言及しなかった。

 野瀬町長は同意した理由について、①町民の理解②町議会の意思③関電への要請事項に対する回答④国への要請事項に対する回答、を踏まえたと説明。「当町の判断も一つの要素としてお聴き頂き、今後ご判断を頂きますようお願いします」と述べ、杉本知事に同意の判断を促した。

 両機の再稼働に向けては今後、杉本知事の判断が焦点になる。杉本知事は判断の前提として、使用済み核燃料中間貯蔵施設の県外候補地を関電に昨年中に示すよう求めていたが、現時点でも示されていない。

 杉本知事は面談後の取材で「中間貯蔵施設の提示がない状況なので、新しいことを議論する入り口に立っていない」との姿勢を改めて示した。16日開会の県議会に対しても現時点で議論を求める考えはないとした。

 一方、野瀬町長は杉本知事が中間貯蔵施設候補地の提示を判断の前提としていることに「それぞれの立ち位置で判断要素が変わることはあり得ること。知事は知事で熟慮して判断されると思うので、そこに対して申し上げることはない」と話した。(佐藤孝之)