菅首相がプロンプターを初めて利用「情報発信の一助に」

新型コロナウイルス

坂本純也
[PR]

 菅義偉首相は2日の記者会見で、初めてプロンプター(原稿映写機)を利用した。記者から理由を問われると、「記者会見には国民にきちんと情報発信し、説明責任を果たしたいと思って臨んできた。そうした観点から一助になればと、今回初めて使った」と語った。

 首相がプロンプターを利用したのは冒頭発言の約15分間。左右のプロンプターを交互に見つめながら、映し出された文字を丁寧に読み上げた。

 会見では、周囲から使用を勧められたことを明かし、「受け止め方はみなさんがお決めになることだが、機会に応じて活用していきたい」と述べた。これまでは手元の紙を読み上げるスタイルが定番で、「下ばかり見ているので伝わりにくい」などと指摘する声が上がっていた。(坂本純也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]