「呪文つぶやく鬼ごっこ」ちゃいまんがな!その名は…

有料会員記事

金子智彦
[PR]

スポーツ好奇心

 ブツブツと呪文をつぶやきながら相手を追い回す「鬼ごっこ」――。そんなイメージで語られがちなマイナー競技に今、熱い視線が注がれている。実は高い身体能力と知力を必要とする格闘技というのだが……。関西を拠点に活動する団体のメンバーに聞いた。(金子智彦)

 「カバディカバディ

 途切れることなく「カバディ」と唱えながら、攻撃手が敵をタッチしにいく。追い詰められる側は連係を取りながら必死にそれをかわす。もしタッチされたら、攻撃手を逃がすまいと足首をつかんだり体当たりしたり。攻守を入れ替えながら、最終的に点を多く取った方が勝ち。

 簡単に言えば、鬼ごっことドッジボールが融合したようなスポーツ、それがカバディだ。

 「(笑いの)ネタみたいな競技と思うでしょ? 実際はそうじゃなかった」

 そう苦笑するのは関西で唯一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら