[PR]

 トップ棋士10人が総当たりで戦う第79期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の8回戦5局が3日、東京と大阪の将棋会館で一斉に始まった。結果次第では、渡辺明名人(36)=棋王、王将と合わせ三冠=と名人戦七番勝負を戦う挑戦者が最終戦を待たずに決まる可能性がある。

 6勝1敗で首位の斎藤慎太郎八段(27)は2勝5敗の稲葉陽八段(32)と対戦。斎藤八段が勝ち、共に5勝2敗の豊島将之竜王(30)=叡王と合わせ二冠=と広瀬章人八段(34)が敗れると、斎藤八段の名人初挑戦が決まる。豊島竜王と広瀬八段は、共に3勝4敗の佐藤康光九段(51)、羽生善治九段(50)とそれぞれ戦っている。

 1勝6敗と不振の三浦弘行九段(46)は、3勝4敗の菅井竜也八段(28)と対戦。三浦九段は敗れると降級が決まる。勝てば残留が決まる3勝4敗の糸谷哲郎八段(32)は、4勝3敗で既に残留を決めている佐藤天彦九段(33)と対戦している。

 持ち時間は各6時間で、全5局が決着するのは深夜になる見込み。棋譜は朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/shougi/)で中継する。