ソニー純利益、初の1兆円超へ ゲーム事業が押し上げ

[PR]

 ソニーは3日、2021年3月期の純利益が前年比86・4%増の1兆850億円になる見通しだと発表した。過去最高だった19年3月期の9162億円を上回り、初めて1兆円台にのせる見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり需要」を追い風に、ゲーム事業が業績を押し上げた。売上高は同6・5%増の8兆8千億円と予想している。

 同日発表した20年4~12月期決算で、純利益は前年同期比87・0%増の1兆647億円。売上高は4・1%増の6兆7789億円、本業のもうけを示す営業利益は同11・8%増の9053億円だった。