河井案里被告、控訴せず 「政治家として情けない」

[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐって公職選挙法違反(買収)の罪に問われた参院議員・河井案里被告(47)は3日、懲役1年4カ月執行猶予5年とした東京地裁判決について、「これ以上争いを長引かせ、混乱を生じせしめることは本意ではない」として控訴しない考えを明らかにするコメントを出した。4日が控訴期限で、検察側が控訴しなければ有罪が確定する見通し。

 コメントでは議員辞職願を3日に提出したことも報告し、支援者らには「期待と信頼を損ない、失望させてしまったことに顔向けできない」と謝罪した。

 案里議員は、夫で元法相の衆院議員・克行被告(57)と共謀し、参院選の票のとりまとめを依頼する趣旨で、広島県議4人に計160万円、江田島市議1人に10万円を渡したとして起訴された。公判で案里議員は一貫して無罪を主張したが、地裁は1月21日の判決で、県議4人への現金提供について克行議員との共謀を認定し、有罪とした。市議1人に対しては克行議員による買収の意図を認めたうえで、案里議員の積極的な関与を否定して無罪とした。

 案里議員は3日に出したコメントで、自らの有罪判決については「納得しかねる」とし、「金員で人の心を買うことはできないというのは私の信念であり、これまでの政治生活で有権者を裏切るようなことは決してしていない」と改めて強調した。そのうえで、「民信なくんば立たずという精神には一点の曇りもない政治的信用性が求められる。たとえ一審でもその信頼を回復できなかったことは政治家として情けなく、政治的責任を引き受けるべきだと考える」として控訴見送りを表明した。

 支援者らに対しては「本来であれば私の口から直接説明する義務を負うところ」と説明責任があることを認めながら、「河井克行に対する事件が現在審理中であるため、現段階における詳しい説明がかなわない」と釈明した。

 克行議員は、案里議員との共謀が問われた5人を含めた計100人に計約2900万円を渡したとして起訴され、案里議員とは分離して地裁で公判が続いている。