地獄のシャワーが懐かしい 芥川賞・宇佐見りんさん寄稿

有料会員記事

[PR]

 第164回芥川賞を「推し、燃ゆ」で受賞した大学生作家の宇佐見りんさん(21)に、エッセーを寄せてもらった。

 うさみ・りん 1999年生まれ。デビュー作「かか」で2019年に文芸賞を受賞、20年に三島由紀夫賞を最年少で受賞した。2作目の「推し、燃ゆ」で芥川賞。現在大学2年生。

 子どもたちのあいだで、それは「地獄のシャワー」と呼ばれていた。

 水泳の授業の前後に浴びるシ…

この記事は有料会員記事です。残り762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら