• アピタル

接触調査「言えない」はアウト?罰則導入、保健所も懸念

有料会員記事新型コロナウイルス

熊井洋美、服部尚
[PR]

 新型コロナウイルスの「第3波」が続く中、改正感染症法は感染の収束に向けて実効性をもつのか。

 改正感染症法では、入院措置や患者の接触調査に応じなかった人に行政罰による過料が科される。当初想定されていた刑事罰から改められたが、それでも医療界からは「罰則による強制的な措置を行うことで、検査を受けない、検査結果や症状を隠すなどの行動が引き起こされ、感染拡大につながる恐れがある」などと懸念する声明が出ている。

 感染者への誹謗(ひぼう)中傷も問題になる中、接触調査を担う保健師は、対象者に行動履歴をできるだけ正確に振り返ってもらい、話してもらうことが求められる。

 足元の感染拡大が収まらず…

この記事は有料会員記事です。残り496文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]