浦和学院野球部でクラスター 部員ら計33人が感染

新型コロナウイルス

森治文
[PR]

 さいたま市は3日、新型コロナウイルスに感染していた70代男性1人の死亡と、10~80代まで男女46人の感染を発表した。感染者のうち26人が浦和学院高校(さいたま市緑区)の硬式野球部員、3人が部関係の教員だった。全員が無症状か軽症という。同校は高校野球の強豪として知られ、春夏合わせて甲子園に23回出場。2013年春には優勝している。

 市保健所によると、同部では2日までに部員4人の感染が判明していたという。感染者が計33人となり、市はクラスター(感染者集団)と判断した。

 部員は全員寮生活を送っており、授業も他の生徒とは別に受けているという。

 発熱の症状があり1月29日に陽性が判明した部員を含め、部員58人とマネジャー4人の生徒計62人、部の顧問や寮関係の教職員ら25人を検査していた。部は昨年末から全体での練習はとりやめているという。(森治文)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]