ロンブー淳さんが聖火ランナー辞退 森会長の発言が理由

有料会員記事

[PR]

 東京オリンピック(五輪)の聖火リレーを巡り、愛知県犬山市でランナーを務める予定だった「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(47)が3日、辞退することを自身のSNS上で明らかにした。犬山市側にも伝えた。合わせて公表した動画によると、大会組織委員会の森喜朗会長(83)の発言などが理由としている。

 田村さんは動画の中で、森会長の「どんなことがあってもオリンピックをやります」「有名人は田んぼを走ればいいとの意見もある」などの発言を挙げ、「こういう発言をぽろっとしてしまうところが、人の気持ちをそぐというか、どうしても同意しかねる。農家の方にも失礼」と指摘した。

 その上で、「自分はインフルエンサーとして仕事をしている。沿道に人を集める必要がないのであれば、タレントは身を引くべきだと感じた」と説明した。

 一方、五輪については「開催…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら