「クラブハウス」で公開取材してみたら…気づけば3時間

有料会員記事

伊木緑杉浦幹治
[PR]

 日本でも利用者が急増している音声型のSNS「Clubhouse(クラブハウス)」は、これまでのSNSとどう異なり、どんな可能性や課題をはらんでいるのか。クラブハウスを使った「公開取材」を試みると、事態は意外な方向に展開していった。

 米国発のクラブハウスは昨年リリースされたばかりのアプリで、現段階では使い始めるまでに二つの関門がある。

 一つは、アプリがiPhon…

この記事は有料会員記事です。残り1821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。