[PR]

 加藤勝信官房長官は4日午前の記者会見で、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」と発言したことについて、組織委で対応を検討していることを明らかにした。一方で、発言内容については「コメントは控えたい」などと繰り返した。

 加藤氏は政府の対応を問われ、「組織委でも対応が考えられていると承知している。まずはそうした対応を見極めながら考えていきたい」と述べるにとどめた。「森会長の発言内容の詳細について承知していない。政府として具体的なコメントは避けたい」として、発言内容への評価に触れることも避けた。

 森氏の発言は、3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会のオンライン会議であり、記者にも公開されていた。海外の有力メディアも取り上げ、AFP通信は「性差別の論争に火をつけるリスクを冒した」などと報じている。