総務官僚の無届け会食 長官、調査に消極的「省で判断」

[PR]

 総務省の谷脇康彦総務審議官ら複数の幹部が、テレビ番組制作や衛星放送を手がける東北新社の経営陣らと無届けで会食し、タクシーチケットなどを受け取っていた問題で、加藤勝信官房長官は4日午前の記者会見で、許認可対象の事業者との接触が総務省の行政判断に影響したかなどを調べる第三者委員会の立ち上げに消極的な姿勢を示した。

 会食には東北新社社員の菅義偉首相の長男も同席していたという。加藤氏は接待内容が国家公務員の倫理規程に反するかどうか事実関係の詳細を総務省がまず調べている点を指摘。「反する行為があったとすれば、国家公務員に対する国民の信頼を損なうものだ」としつつも、「行政の判断のゆがみなどに関する対応は総務省において判断していくものと考えている」と述べた。