森喜朗氏、謝罪会見へ 「女性の会議は長い」発言めぐり

有料会員記事

[PR]

 今夏に延期された東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が、3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議委員会で「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」などと発言したことを巡り、組織委は4日、森会長が同日午後に記者会見すると発表した。大会関係者によると、森会長は自ら組織委に連絡を入れて謝罪の意向を示したといい、記者会見でも発言について謝罪するとみられる。

 森会長は3日のJOC臨時評議員会のあいさつで、女性理事を増やすJOCの方針に対する私見として「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言。「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」「女性の理事を増やしていく場合は、発言時間をある程度、規制をしないとなかなか終わらないので困ると言っておられた。だれが言ったとは言わないが」とも述べた。

 一方、加藤勝信官房長官は4日午前の記者会見で、東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」と発言したことについて、組織委で対応を検討していることを明らかにした。一方で、発言内容については「コメントは控えたい」などと繰り返した。

 加藤氏は政府の対応を問われ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら