[PR]

 東北新社社員の菅義偉首相の長男らが総務省の幹部を接待したと週刊文春が報じた問題を受けて、首相は4日の衆院予算委員会で、長男と電話で話したことを明らかにした。そのうえで「調査が入ったら事実関係に対して、協力するようにということは申し上げた」と述べた。

 立憲民主党の黒岩宇洋衆院議員への質問に答えた。一方で首相は「私の親族であるとはいえ、公的立場にはない一民間人に関するものだ。本人やその家族などの名誉やプライバシーにも関わることであり、本来このような場で、お答えすべきことではない」と話した。週刊文春の誌面に掲載されている写真が長男本人かどうかも、「確認していない」とした。

 黒岩氏は引き続き、首相の長男らが総務省幹部を接待したとする報道について質問。黒岩氏は「1万円以上ですよ。飲み代、食べ物代、タクシーチケット代、ごちそうされている。適切だと思いますか」と首相にただした。

 首相は「総務省において既に調査開始されているようですが、国民のみなさんから疑念を抱かれることは絶対ないように、ルールに基づいてしっかり対応する必要がある」と答弁。

 そのうえで「私自身は全く承知しておりませんので、今いわれているような、総務省との間でどのような会食があったかは、事実を確認してルールに基づいて対応すべきだと思う」と繰り返した。