森会長、謝罪会見で投げやりに 組織委幹部「逆効果だ」

有料会員記事

野村周平
[PR]

 「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」など、女性を軽視するかのような自身の発言を巡って、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は4日、東京都内で急きょ記者会見を開き、発言の撤回と謝罪の意思を表明した。しかし、その真意を繰り返し問われると、回答は徐々に投げやりになった。

 午後2時過ぎ。黒のスーツを着た森会長は「おお、今日は人が多いな」と軽妙な調子で話しながら、約40人の報道陣が待つ会議室に入った。冒頭、手に持った紙に目を落としながら、「ご心配をかけて恐縮している」「深く反省して、発言を撤回したい。おわびを申し上げたいと思います」とゆっくり読み上げた。

 しかし質疑が始まると、いら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら