父はなぜルーツ隠したか 安田菜津紀さんに託された役割

有料会員記事

聞き手・宮崎亮
[PR]

おやじのせなか:フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん

著名人が父のことを語る連載「おやじのせなか」。今回はデジタル版限定のロングバージョンです。

 父は東京・新橋でうなぎ料理屋を構えていました。うなぎを焼く煙とタレの匂い、そしてその向こう側にうっすらと見える父。それがたぶん一番最初の記憶です。

 口数が少なく穏やかな人でしたね。夜遅くまで働いた翌日の朝。小さかった私が「お父さん起きて!」と言って体に乗っかっても、振り払ったり怒ったりすることはありませんでした。

 幼稚園の頃にはっきり覚えている場面があります。母は月に300冊の絵本を読み聞かせてくれる人でしたが、その日は父が珍しく早く帰り、代わりに読んでくれました。私をひざの上に乗せてページをめくるのですが、すらすら読めず、つっかえます。私は「もういい!」と言って立ち上がり、こう言いました。

 「お父さん、日本人じゃない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。