総務省局長、首相長男らとの会食認める「当初払わず」

[PR]

 4日午後の衆院予算委員会で、立憲民主党黒岩宇洋氏は、東北新社社員の菅義偉首相の長男らが総務省幹部を接待したとする週刊文春の報道を受けて、政府参考人として招致された総務省幹部を追及。秋本芳徳・情報流通行政局長に対し「菅首相の長男から接待を受けたのは事実か」として、報道された昨年12月の会食について尋ねた。

 秋本局長は「会食をさせていただいたことは事実です」と述べ、会食の事実を認めた。会費の支払いについては「当初、出席者の中に利害関係者はいないと認識していたため、自己分の負担を行っておりませんでした」「事後的に、確認できる範囲での額を確認して、振り込みをさせていただいた」などと述べた。

 黒岩氏は続けて「タクシーチケットは先方からもらったのか」とも追及。秋本局長は「飲食代やタクシー代も当初はご負担をいただきました。事後的に返金をさせていただきました」と述べた。