「普通」の日本人ほど陥る陰謀論 「免罪符」の危うさ

有料会員記事

山本悠理
[PR]

 昨年の米大統領選では、トランプ前大統領を支持し、「アメリカは『ディープステート』(影の政府)に支配されている」などと唱える陰謀論集団「Qアノン」が注目された。日本でもネットを中心に、こうした陰謀論が拡散している。

 では、どのような人が陰謀論を支持しているのだろうか。じつは、政治的に左右の立場どちらでもない「普通の日本人」を自認する人ほど、陰謀論を信じやすい傾向にある――。京都府立大学の秦正樹准教授(政治学)が2019年に実施した調査では、そんな意外な調査結果が浮かび上がった。

 秦さんは、インターネット上…

この記事は有料会員記事です。残り1290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。