「水どう」売れっ子芸人の原動力(笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考)

有料会員記事

[PR]

藤村忠寿(HTB「水曜どうでしょう」チーフディレクター)

 お笑い芸人、ブラックマヨネーズ小杉竜一さんと先日、お会いしました。ある番組で「水曜どうでしょうを繰り返し見るのが寝る前の日課」というようなことをおっしゃっていたんですね。意外な人がファンであることを知り、昨年12月からスタートしたニコニコ動画の「水曜日のおじさんたち」という番組にゲストでお呼びしたんです。

 「もうガチガチに緊張してますよ! 今日はおもろいことなんも言われへん」と言いながら、水曜どうでしょうのことを真面目に語ってくれました。

 水曜どうでしょうに出会ったのは20年前のこと。芸人を目指して大阪の狭い部屋に住んでいたころ。夜中にテレビを見ていると「わけのわからん番組」がやっていた。「誰や? コイツら」というのが最初の印象。よくわからんヤツがテレビに出ている。ただ見ているうちに「悔しいけどおもろいなぁって思ったんです」「僕はツッコミなんで、自分がおもろいと思ったものにツッコミを入れるわけです。だからおもろいものを見分ける力はあると思うんです」。

 それからちょこちょこと見る…

この記事は有料会員記事です。残り867文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら