国会喫煙所「撤去したら」 「密」批判に議員からも求め

有料会員記事

山下龍一
[PR]

 新型コロナウイルス感染症をめぐり、衆院本会議場入り口付近にある喫煙所が問題視されている。国会議員らがマスクを外して会話しながらたばこを吸うためだ。新型コロナ対策の「範を示すべきだ」とされる国会議員の「特別扱い」は許されないと、撤去を求める声も出始めた。

 東京都千代田区にある衆院本館。本会議場の入り口近くに透明のボックス型の喫煙所がある。議員や政党職員、記者らがマスクを外して話し込む姿が目に付く。

 1月28日の参院予算委員会では、国民民主党の伊藤孝恵氏が「密の喫煙ボックスは、国会の浮世離れぶりを象徴している」と批判した。衆院側は喫煙時に適切な距離を保つことなどを注意喚起する掲示を喫煙所の入り口でしている、と説明した。

 政府の分科会は感染リスクの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら