新型コロナ、人為説の真偽は? 起源を巡る三つの仮説

有料会員記事

田村建二

拡大する写真・図版医学誌ネイチャー・メディシンに論文掲載された新型コロナウイルスに特徴的な「RRAR」の配列。下に記された、コウモリなどからのコロナウイルスには、この配列はみられない

[PR]

 新型コロナウイルスはどこからやってきたのか。世界保健機関のチームが中国・武漢に入り、ウイルスが人間に伝わった経路を調べる活動が本格的に始まっている。調査の焦点の一つは、感染した人の症状を重くしているとみられるウイルスの特徴がいつ、どのように生まれたかだ。その特徴とは何か。なぞを解くために、どんな調査が必要なのか。

研究者が注目する「RRAR」とは?

 新型コロナウイルスに関して、世界の研究者が注目しているアルファベット4文字がある。「RRAR」だ。

 Rはアルギニン、Aはアラニン。どちらも、たんぱく質の素材となるアミノ酸の略号だ。新型ウイルスの表面にある、とげのような形をした「スパイクたんぱく質」の一部に、アミノ酸がこのような順序で並んでいる。

 なぜ、この並び方が注目されるのか。理由は二つある。一つは、これまでに見つかっている新型コロナに近いウイルスのどこからも、この配列が見つかっていないからだ。

拡大する写真・図版新型コロナウイルスの起源にかかわるウイルスの特徴

 2013年に中国南西部にある雲南省のコウモリから「RaTG13」と呼ばれるコロナウイルスが見つかっている。これは遺伝情報新型コロナと96%一致していて、いわば「近縁ウイルス」だ。しかし、この配列はみられず、最後の「R」があるだけだ。

 全身が硬いウロコに覆われた哺乳類で、コウモリから人間に伝わるまでのあいだに感染した「中間宿主」かもしれないといわれるセンザンコウからのウイルスや、中国を中心に2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスにも、やはりこの配列はない。

 注目されるもう一つの理由は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

田村建二

田村建二(たむら・けんじ)朝日新聞編集委員

1993年朝日新聞入社。福井支局、京都支局、東京本社科学部、大阪本社科学医療部次長、アピタル編集長などを経て、2016年5月から編集委員。