[PR]

 「愚か」「時代錯誤」――。東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による女性を軽視するかのような発言に対し、野党からは4日、会長の辞任を求める声が一斉にあがった。

 立憲民主党の枝野幸男代表は「女性蔑視と言わざるを得ないような、言い訳のつかない発言だ。本当に日本人として恥ずかしい」と批判した。

 さらに、菅義偉首相に対し、「強いリーダーシップを発揮していただきたい。森氏の首に鈴を付けられるのは首相しかない」と述べ、森氏に辞任を促すよう迫った。

 これに対し、首相は「発言を承知していない」とかわした。

 しかし、その後に質問に立った立憲の菊田真紀子氏は、森会長の発言を読み上げたうえで、首相に見解を求めた。首相は「あってはならない発言だ」と述べた。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「愚かな女性蔑視発言だ。世界で大きな問題になっている」と批判。「会長の資格がない。辞任すべきだ」と述べた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表も会見で「時代錯誤の発言だ。五輪・パラリンピックの開催に逆風を吹かせるもので、二重三重に問題だ」と指摘し、「円滑な開催の障害になるのであれば、辞任も含めて検討すべきだ」と訴えた。