賠償金支払われぬまま6年 「けじめつかぬ」遺族の無念

有料会員記事

西岡矩毅
[PR]

 和歌山県紀の川市の小学5年生、森田都史(とし)君(当時11)が、近所に住んでいた男に殺害された事件から6年になる。父親(72)は、事件にけじめをつけることができずにいるが、懸命に前を向こうとしている。

 父親は毎朝、出勤前に都史君の遺影に向かって「いってくるね」と手を合わせる。遺影の横には、いまだに納骨していない遺骨がある。そして、花や菓子、飲み物などが供えられている。「都史君が寂しくないように、都史君が好きだったものをいつも置いている。納骨は都史君に明るい報告ができた時です」

 事件は2015年2月5日午…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら