1回目と2回目で違うワクチン接種 英国、効果を検証へ

有料会員記事新型コロナウイルス

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、英オックスフォード大は4日、1回目と2回目の接種で別の製薬会社が開発したワクチンを投与し、効果や安全性を調べる臨床試験(治験)を始めると発表した。効果が確認されれば、一つのメーカーのワクチン供給が滞った場合も柔軟に対応できると期待されている。

 同大によると、治験は英国の50歳以上の800人を対象とする。2回の接種で、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が開発したワクチンと、米製薬大手ファイザーと独バイオ企業ビオンテックが開発したワクチンを1回ずつ受けてもらう。2回の接種の間隔も、4週間の場合と、12週間の場合に分けて、それぞれ、参加者の血液から免疫反応を調べたり、これまで確認されていない副反応が出ないかをみたりする。

 この2種類のワクチンは欧米…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]