故意に事故、詐取容疑25人逮捕 被害額2800万円超

[PR]

 故意に交通事故を起こして保険金をだまし取ったとして、福岡県警は4日、行橋市北泉5丁目、鍛冶(かじ)工大港和人容疑者(27)ら10~50代の男女25人を詐欺の疑いで逮捕・送検したと発表した。「遊ぶ金がほしかった」などと、いずれも容疑を認めているという。

 交通捜査課によると、大港容疑者ら9人は2018年4月13日午前3時15分ごろ、みやこ町国分の町道で、乗用車を別の乗用車に故意に追突させ、保険会社から事故の示談金名目などで保険金798万2637円をだまし取った疑いがある。この事故を含め17年8月~昨年2月の計4件を送検し、被害総額は約2853万円にのぼるという。

 福岡地検小倉支部は25人のうち24人を4日までに詐欺罪で起訴した。