首相、森氏発言問題の幕引き図る?「IOCが終了表明」

[PR]

 5日の衆院予算委員会の質問トップバッターは野党第1党・立憲民主党森山浩行氏。森山氏は、東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による「女性がたくさん入っている理事会の会議は、時間がかかる」という女性蔑視の発言を改めて取り上げた。

 森山氏は4日の森氏の謝罪会見でのやりとりを「逆ギレ会見」と指摘し、菅義偉首相に森氏の辞任を促すよう改めて要求。

 これに対し、菅首相は森氏の発言は「オリンピック・パラリンピックの重要な理念である男女共同参画、そうしたことからもまったく異なるものであり、あってはならない発言だと申し上げた」と述べた。

 続いて森山氏が、森氏と話をしたかと首相に質問すると、首相は「昨日、予算委が終わった後、すぐに橋本聖子五輪相に森会長に政府の考え方を強く伝えるよう指示した」と説明。その上で、橋本氏から森氏に対して「男女共同参画はIOC(国際オリンピック委員会)の使命と役割であり、女性の立場にもしっかり立ちながら、世界に向けてメッセージを発信する大会としていく必要がある」と伝えたと述べた。

 首相はそのうえで、森氏から「大変申し訳なく、東京大会の成功に向けて最後まで努力したいとの発言があったと報告を受けている」と強調。「IOCが森会長の謝罪でこの問題は終了したと考えている、と表明されたと承知している」と述べた。首相としては、森氏の謝罪とIOCの表明をもって、問題の幕引きをはかろうとする考えがあるとみられる。