英国、中国国営テレビ局の放送免許取り消し「法に抵触」

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 英国の放送業界を規制・監督する情報通信庁は4日、中国国営のニュースチャンネル、中国国際テレビ(CGTN)の英国内での放送免許を取り消した。実質的な編集権を握る会社は中国共産党が支配しており、政治団体が管理する会社は放送免許を持てないという放送法に抵触するとしている。

 同庁の発表によると、CGTNの放送免許を持つ会社は、同庁の調査に対して編集権を持っていないことを認め、実質的な編集権を持つ別の会社への免許の移転を申請した。その会社は中国共産党が統制しており、同庁は申請を却下。改善が見込めないとし、CGTNの放送免許を取り消した。

 同庁はCGTNに対して、香港の民主化デモの報道が公平性を欠くとして、近く制裁を科す予定だとしている。

 英中関係をめぐっては、英国が高速通信規格「5G」の通信網から中国通信機器大手の華為技術ファーウェイ)を排除したり、香港で民主派を排除する国家安全維持法(国安法)が施行されたりしたことで悪化しており、中国側は反発しそうだ。(ロンドン=下司佳代子)