特殊詐欺、狙われる固定電話 AIで対抗、診断アプリも

有料会員記事

安井健悟、茶井祐輝
[PR]

 自宅の固定電話が詐欺被害の入り口になるケースが後を絶たない。高齢者がよく使っていることや、固定電話の名簿が詐欺グループに出回っているとみられることが背景にあるようだ。被害を防ごうと、電話会社やメーカーも知恵をしぼっている。

 AI(人工知能)が通話内容を解析し、詐欺かどうかを見抜く――。NTT西日本と東日本は昨年11月、「特殊詐欺対策サービス」を始めた。

 固定電話に専用のアダプターをつけると、通話内容がNTT側のクラウドに転送され、AIが解析する。疑わしければ、本人や親族らに「犯罪の疑いがあります」などと音声やメールを届ける。

 NTTは警察庁と協力し、実…

この記事は有料会員記事です。残り1542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。