緊急事態宣言「発出」、不思議な日本語 金田一秀穂さん

有料会員記事

聞き手・興野優平
[PR]

 緊急事態宣言を発出する――。なんとも物々しい言い方が、政府やメディアで頻繁に使われています。非常時のこうした言葉遣いの背後に何があるのでしょう。日本語学者で杏林大学教授の金田一秀穂さんに聞くと、日本語は緊急事態には向いていない言葉ではないか、と言います。なぜでしょうか。

 ――「緊急事態宣言を発出」といわれると、よくわからなくなる。「緊急事態を宣言する」ならわかるが、緊急事態なのか、緊急事態だということにしたいのか。「発出」と言う言葉も聞き慣れない。

 僕も昨年4月に緊急事態宣言が出た時、「なんなんだ、この発出という言葉は」と思った。「発令する」が普通の言い方。重々しく言いたかったのだろうという気がする。

 それから、「緊急事態だ」と言えば良いはずなのに、「緊急事態宣言を~する」、とワンクッションある言い方をする。宣言というものが、とても偉いもののように聞こえてしまう。選手宣誓の「宣誓」のように、そういう言葉は非日常のものだ。

 記事の後半では、政治家が会食をやめられない理由にもつながる、日本語の特徴が語られます。

 言語行為論では、何かを言う…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線

この連載の一覧を見る