優勝賞金は3千万円 世界初、ダンスのプロリーグとは 

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 ブレイクダンスが2024年パリオリンピック(五輪)の正式競技になるなど追い風の吹くダンス界が、また新たな一歩を踏み出した。この1月、世界初となるダンスのプロリーグ「Dリーグ」が日本で開幕。ストリート発の若者文化はエンターテインメントの枠を超え、スポーツとしても存在感を増している。

 1月10日、開幕戦の舞台は、東京五輪バレーボール会場でもある東京・有明アリーナだった。

 Dリーグは、計9チームによる対抗戦で1チームは8人編成。約2分間のダンスを披露し、出来を争う採点競技だ。近未来をイメージしたダンスで開幕戦を制したチーム「セガサミー」の選手が語った感想は、アスリートのそれだった。

 「心の底からうれしいですね…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。