[PR]

 女性蔑視発言で批判を浴びる東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)について、組織委幹部や国際オリンピック委員会(IOC)からは、辞任を求める声が上がってこない。これほどの逆風でも、「代わりがいない」と身内に頼られるのはなぜなのか。

 「謝罪になっていない。一般企業なら即辞任だ」。4日の森会長の謝罪会見を見た複数の組織委職員が憤った。会見後、組織委の全職員に広報局からメールが送られてきたが、内容は「(会見で)以下のように発言されましたのでお知らせします」から始まる、冒頭の発言要旨のみだったという。

 組織委幹部の間では「森さんじ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら