熱男も「お部屋時間に四苦八苦」 コロナ禍のキャンプ

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

 プロ野球・ソフトバンクの「熱男(あつお)」こと松田宣浩内野手は、宮崎市での春季キャンプでも存在感は抜群だ。キャリア1728安打、287本塁打の実績もさることながら、37歳のベテランは誰よりも大きな声を出し、若手を引っ張っている。そんなチームの元気印にも、コロナ禍の異例のキャンプならではの困りごとがあるらしい。

 ウイルス感染対策で、宿舎のホテルではチームメートとの大人数、長時間の食事は控えるように求められている。自室でひとりで過ごす時間が長い。

 「一言で言えば、熱男の部屋は時間が止まっています」

 4日はこの春季キャンプで初…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら