福岡の高3いじめ自殺訴訟、学校側が控訴 遺族も控訴へ

山野健太郎
[PR]

 福岡県太宰府市の私立筑紫台高校3年の男子生徒(当時18)が自殺したのはいじめが原因として、高校を運営する学校法人・筑紫台学園に慰謝料など約2600万円を遺族に支払うよう命じた福岡地裁判決について、学園側が福岡高裁に控訴した。これを受け、遺族も5日、控訴する方針を明らかにした。

 判決は、教諭が実際に生徒がいじめられている現場を確認していたのに、生徒への安全配慮義務を果たさなかったとして学校側の責任を認めた。学園の代理人弁護士は取材に「いじめがあったことは争わず、判決は重く受け止める。ただ、学校がどこまで責任を負うのかについては上級審の判断を仰ぎたい」と話した。学園側の控訴は4日付。

 亡くなった生徒の父親は「学校側の責任を明確に認め、息子に一切の落ち度はなかったとした一審判決を受け入れていただけず、反省のない学校には残念な思いです」とするコメントを発表した。(山野健太郎)