大久保嘉人の「引退カード持っている」 発言の真意は 

有料会員記事

高岡佐也子
[PR]

 強化担当者の発言に、もやもやした思いをぬぐえなかった。1月28日、セレッソ大阪の梶野智(さとし)チーム統括部長がオンライン会見で今季の補強を説明し、15年ぶりに古巣に復帰した大久保嘉人(38)について、こう言った。「開幕後1カ月ででも、2カ月ででも、だめだったら僕が引退のカードを持っている。3月になるか、6月になるのか、(6月から使用予定の)新スタジアムができたときに頑張ってやっているのかは彼次第」

 質問が許されなかったため、意図がわからず、記事化はしなかった。ただ、開幕までまだ1カ月もあるのに、結果が出なければ自分が引退させるという趣旨の発言は乱暴に聞こえたし、なぜそんな言い方をするのか疑問が残った。

 5日の宮崎キャンプで、梶野部長にようやく真意を聞けた。

 「そんなつもりで言ったわけ…

この記事は有料会員記事です。残り466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。