わがバーもパンデミックのどん詰まり… 店主の決断

有料会員記事

中沢滋人

拡大する写真・図版ジャズバー「PAGE1」のマスターの山下敦さん。後ろの棚には2500枚以上のレコードが並ぶ=2021年2月2日午後6時14分、北海道帯広市、中沢滋人撮影

[PR]

 「わがバーもパンデミックのどん詰まりここらあたりが岐路かもしれぬ」

 マスターの山下敦さん(63)の一首が、昨年12月17日付の朝日新聞北海道版「歌壇」に載った。コロナ禍のさなか、閉店は熟考の末の決断だった。

 農業や酪農が盛んな北海道十勝平野の中心、帯広市。帯広駅前のビジネスホテル街の一角、すし店などの飲食店が入る小さな建物の2階にそのバーはある。

 ドアを開けると、ジャズの調…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら