千葉県で鳥インフル8例目 計140万羽を殺処分へ

[PR]

 千葉県は8日、同県匝瑳市養鶏場で、鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県は同農場で飼育されている採卵鶏約25万羽すべてを殺処分する方針。県内での発生は今季8例目となった。

 県によると、7日午前、同農場の鶏舎1棟で鶏がまとまって死んでいるのが見つかった。県の簡易検査で陽性となり、遺伝子検査で感染の疑いが強い「疑似患畜」と判定された。

 県内では7日にも、匝瑳市と隣接する多古町養鶏場で、鳥インフルエンザ感染の疑いが濃厚な鶏が確認された、と発表されたばかり。県は同農場が飼育する採卵鶏約115万羽すべてを殺処分する方針を示しており、7、8例目で合わせて約140万羽を殺処分することになる。