反プーチン政権、広がる共感 2児の母も立ち上がった

有料会員記事

エカテリンブルク=石橋亮介
[PR]

 ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏の解放を求める反プーチン政権デモの影響が、同国全土に広がっている。ナバリヌイ氏の支持層にとどまらず、これまで政権を支えてきたとされる地方の低所得者層や、政治に無関心だった人々にも共感が拡大しており、政権が危機感を募らせている。

 ロシア中西部の工業都市エカテリンブルク。建設現場で働くエカテリーナ・スルシャコワさん(45)は1月31日、反政権デモに参加したところを、「無許可の違法デモに参加した」として拘束された。その日のうちに解放されたが、5日後、警察に連行され、裁判所から200時間の強制労働を命じられた。

拡大する写真・図版1月31日のデモで、自身が拘束された場所に立つエカテリーナ・スルシャコワさん=2021年2月6日、エカテリンブルク、石橋亮介撮影

 地元メディアによると、ロシア全土で反政権デモがあった1月23日と31日、同市では5千人以上が参加するデモが行われ、計約100人が拘束された。エカテリーナさんは家族に反対されたが、「政治の仕組みを変えるまで、立ち止まってはいけない」との思いで参加したという。

 以前は政治に関心がなく、プ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら