ゲイ公表の日テレ社員が番組配信 線引き社会から卒業を

有料会員記事

宮崎亮
[PR]

 誰に対しても優しい、多様性を受け入れる社会をつくるには――。そんな問いかけをする討論番組「Update the world」のネット配信が始まった。ゲイを公表して報道番組を制作する日本テレビのプロデューサーが企画した。

 企画したのは報道番組「news zero」プロデューサーの白川大介さん(39)で、テーマは「多様性」だ。「ニュースは限られた時間で『何が起きたか』を伝えるのが中心だけど、『どう受け止め、行動したらよいか』を視聴者と考えたかった」という。

 1月31日の初回の話題は「LGBTQ性的少数者)」。《初対面の人に「彼氏/彼女、いるの?」って聞いたこと、ありませんか?》。そんな問いから始まり、クリエーティブディレクターの辻愛沙子さん(25)、お笑いトリオ「パンサー」の向井慧さん(35)、ゲイでライターの松岡宗嗣さん(26)、トランスジェンダー女性で広告会社員の岡部鈴さん(57)、日テレアナウンサーの岩本乃蒼さん(29)らが、当事者の心情や周囲の接し方について議論した。

写真・図版
番組終了後、出演者と話す白川大介さん(右)。中央はクリエイティブディレクターの辻愛沙子さん、左は日本テレビの岩本乃蒼アナウンサー=東京・汐留の日本テレビ、嶋田達也撮影

 配信中には視聴者からSNSで「LGBTQの人はどんな言葉、態度、行動に傷つくのか知りたい」「今後は気をつけたい」などの投稿が相次いだ。自身も出演した白川さんは「当事者以外の人の目線を大事にしたいという番組の趣旨が、届いたのかもしれない」とほっとした表情を見せた。

初回は配信サービス「TVer」(https://tver.jp/corner/f0066235別ウインドウで開きます)で視聴できる。第2回は2月26日で、話題は「ミックスルーツ」です。

白川さんが自身のこれまでの葛藤と、家族との「和解」に至るまでを語ってくれました。

 大阪府出身の白川さんは中1で自分をゲイと自覚した。

 親しい友人に少しずつ打ち明…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]